コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤田 ふじた

7件 の用語解説(藤田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤田
ふじた

岡山市南西部,児島湾干拓地にある地区。旧村名。 1975年岡山市に編入。 1887年藤田伝三郎の行なった干拓により陸化した地区で,1912年村制をしいたが,全域が藤田組直営の農場であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ふじた【藤田】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔岡山県〕藤田(ふじた)


岡山市南区西部、児島(こじま)湖西岸の農業地区。児島湾干拓地の第2区と第6区からなる。1912年(明治45)、藤田組によって干拓された第2区に立村。第二次大戦後、第6区を編入。第二次大戦前から資本主義農業経営、大区画耕地での大型農業機械導入など、営農先進地だったが、小作争議でも知られた。1975年(昭和50)に岡山市に編入、2009年(平成21)、岡山市南区となる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤田
ふじた

岡山市南区中部の地区。旧藤田村で、干拓村として知られた。児島(こじま)湾干拓地の2区と6区からなり、2区は1912年(明治45)藤田組により干拓が完成して藤田村となり、1区(岡山市南区灘崎(なださき)町)とともに藤田農場として経営され、第二次世界大戦後の農地改革まで続いた。6区は第二次世界大戦後に藤田組から農林省に引き継がれて、1953年(昭和28)に干拓が完成し藤田村に編入された。
 藤田農場はわが国ではまれな資本主義的農場で、小作、請負、直営(分益)の3制度で経営されていたが、農民たちは雇用人の立場にあった。このため、1921年(大正10)春には生産額の分配などをめぐって大争議が起こり、1923年1月一応の解決をみた。
 その後、アメリカから大型農業機械を導入し、これが西に隣接する興除(こうじょ)の農民に刺激を与え、児島湾干拓地がわが国の農業機械化の発祥地となった。農地には道路、用排水路が整然と走り、家屋配置は散居制である。第二次世界大戦後に至るまで藤田農場事務所が村役場であった。戦後の農地改革により、農地は小作農、農場労務者のほか、引揚者らに解放された。以後、米作中心の農業が行われてきたが、現在では工場地化、宅地化が進んでいる。国道30号が通じる。[由比浜省吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤田の関連キーワード岡山県岡山市南区青江岡山県岡山市南区郡岡山県岡山市南区中畦岡山県岡山市南区西市岡山県岡山市南区西畦岡山県岡山市南区西紅陽台岡山県岡山市南区西高崎岡山県岡山市南区西七区岡山県岡山市南区藤田岡山県岡山市南区山田

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藤田の関連情報