藤田(読み)ふじた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤田
ふじた

岡山市南西部,児島湾干拓地にある地区。旧村名。 1975年岡山市に編入。 1887年藤田伝三郎の行なった干拓により陸化した地区で,1912年村制をしいたが,全域が藤田組直営の農場であった。第2次世界大戦後の農地改革により農場は解放され,農林省の干拓した6区をも編入した。農地は短冊形に規則正しく区分され,農家もほぼ等間隔に配置されている。機械化農村で知られるが,60年代以後急速に通勤兼業化が進み,住宅団地の造成も進行している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔岡山県〕藤田(ふじた)


岡山市南区西部、児島(こじま)湖西岸の農業地区。児島湾干拓地の第2区と第6区からなる。1912年(明治45)、藤田組によって干拓された第2区に立村。第二次大戦後、第6区を編入。第二次大戦前から資本主義的農業経営、大区画耕地での大型農業機械導入など、営農先進地だったが、小作争議でも知られた。1975年(昭和50)に岡山市に編入、2009年(平成21)、岡山市南区となる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤田
ふじた

岡山市南区中部の地区。旧藤田村で、干拓村として知られた。児島(こじま)湾干拓地の2区と6区からなり、2区は1912年(明治45)藤田組により干拓が完成して藤田村となり、1区(岡山市南区灘崎(なださき)町)とともに藤田農場として経営され、第二次世界大戦後の農地改革まで続いた。6区は第二次世界大戦後に藤田組から農林省に引き継がれて、1953年(昭和28)に干拓が完成し藤田村に編入された。
 藤田農場は日本ではまれな資本主義的農場で、小作、請負、直営(分益)の3制度で経営されていたが、農民たちは雇用人の立場にあった。このため、1921年(大正10)春には生産額の分配などをめぐって大争議が起こり、1923年1月一応の解決をみた。
 その後、アメリカから大型農業機械を導入し、これが西に隣接する興除(こうじょ)の農民に刺激を与え、児島湾干拓地が日本の農業機械化の発祥地となった。農地には道路、用排水路が整然と走り、家屋配置は散居制である。第二次世界大戦後に至るまで藤田農場事務所が村役場であった。戦後の農地改革により、農地は小作農、農場労務者のほか、引揚者らに解放された。以後、米作中心の農業が行われてきたが、現在では工場地化、宅地化が進んでいる。国道30号が通じる。[由比浜省吾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藤田の関連情報