コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤田 ふじた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤田
ふじた

岡山市南西部,児島湾干拓地にある地区。旧村名。 1975年岡山市に編入。 1887年藤田伝三郎の行なった干拓により陸化した地区で,1912年村制をしいたが,全域が藤田組直営の農場であった。第2次世界大戦後の農地改革により農場は解放され,農林省の干拓した6区をも編入した。農地は短冊形に規則正しく区分され,農家もほぼ等間隔に配置されている。機械化農村で知られるが,60年代以後急速に通勤兼業化が進み,住宅団地の造成も進行している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふじた【藤田】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔岡山県〕藤田(ふじた)


岡山市南区西部、児島(こじま)湖西岸の農業地区。児島湾干拓地の第2区と第6区からなる。1912年(明治45)、藤田組によって干拓された第2区に立村。第二次大戦後、第6区を編入。第二次大戦前から資本主義的農業経営、大区画耕地での大型農業機械導入など、営農先進地だったが、小作争議でも知られた。1975年(昭和50)に岡山市に編入、2009年(平成21)、岡山市南区となる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤田
ふじた

岡山市南区中部の地区。旧藤田村で、干拓村として知られた。児島(こじま)湾干拓地の2区と6区からなり、2区は1912年(明治45)藤田組により干拓が完成して藤田村となり、1区(岡山市南区灘崎(なださき)町)とともに藤田農場として経営され、第二次世界大戦後の農地改革まで続いた。6区は第二次世界大戦後に藤田組から農林省に引き継がれて、1953年(昭和28)に干拓が完成し藤田村に編入された。
 藤田農場はわが国ではまれな資本主義的農場で、小作、請負、直営(分益)の3制度で経営されていたが、農民たちは雇用人の立場にあった。このため、1921年(大正10)春には生産額の分配などをめぐって大争議が起こり、1923年1月一応の解決をみた。
 その後、アメリカから大型農業機械を導入し、これが西に隣接する興除(こうじょ)の農民に刺激を与え、児島湾干拓地がわが国の農業機械化の発祥地となった。農地には道路、用排水路が整然と走り、家屋配置は散居制である。第二次世界大戦後に至るまで藤田農場事務所が村役場であった。戦後の農地改革により、農地は小作農、農場労務者のほか、引揚者らに解放された。以後、米作中心の農業が行われてきたが、現在では工場地化、宅地化が進んでいる。国道30号が通じる。[由比浜省吾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

藤田の関連キーワード藤田 六郎兵衛(10代目)藤田嗣治(ふじたつぐじ)大阪府大阪市都島区網島町日本版改良藤田スケール栃木県那須塩原市埼玉青森県弘前市上白銀町福岡県大牟田市藤田町福島県白河市五郎窪きょうはいい日だね早口ことばのうた藤和不動産[株]藤田組贋札事件JEFスケール秋田県立美術館同和鉱業[株]藤田 六郎兵衛白銀はまねくよEFスケール藤田 清兵衛藤田電機工業

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藤田の関連情報