コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュクタイ洞窟 ジュクタイどうくつ

1件 の用語解説(ジュクタイ洞窟の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ジュクタイどうくつ【ジュクタイ洞窟】

ロシア連邦東シベリアアルダン川支流のジュクタイDyuktai川右岸にある洞窟遺跡。Yu.A.モチャノフにより1967年に試掘され,68‐70年に調査された。上層からは初期鉄器時代新石器時代,上部旧石器時代晩期(スムナギン文化)の遺物が出ている。下層からは上部旧石器時代後期の遺物がマンモス動物群の獣骨とともに出ており,プリズム形・円盤形・楔(くさび)形石核,両面加工の石槍,ナイフ多面体彫器,削器,端削器,スキー状スポール,石刃,マンモス牙製の槍などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ジュクタイ洞窟の関連キーワードオノン川シベリア気団ヨルダン川ТобольскТомскНерчинскПермьАлданТюменьМирный

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone