ジュクタイ洞窟(読み)ジュクタイどうくつ

世界大百科事典 第2版の解説

ジュクタイどうくつ【ジュクタイ洞窟】

ロシア連邦東シベリアのアルダン川支流のジュクタイDyuktai川右岸にある洞窟遺跡。Yu.A.モチャノフにより1967年に試掘され,68‐70年に調査された。上層からは初期鉄器時代新石器時代,上部旧石器時代晩期(スムナギン文化)の遺物が出ている。下層からは上部旧石器時代後期の遺物がマンモス動物群の獣骨とともに出ており,プリズム形・円盤形・楔(くさび)形石核,両面加工の石槍,ナイフ,多面体彫器,削器,端削器,スキー状スポール,石刃,マンモス牙製の槍などがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android