コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洞窟遺跡 どうくついせき

6件 の用語解説(洞窟遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

洞窟遺跡
どうくついせき

石灰岩や火山岩地帯に自然に生成した洞窟や河食や海食による洞窟を,そのまま住居として利用した跡のみられるもの。旧石器時代人は,天然のこの洞窟を盛んに利用した。中国の周口店洞窟群はその好例であり,南西フランス石灰岩地帯には,著名な洞窟壁画をもった多数の後期旧石器時代洞窟遺跡が残されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

どうくつ‐いせき〔‐ヰセキ〕【洞窟遺跡】

自然の洞窟を利用して人間が生活を営んだあとのある遺跡。墓地を含むことも多い。後期旧石器時代からみられ、日本では高知県の竜河洞の弥生遺跡が好例。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

洞窟遺跡【どうくついせき】

自然に形成された洞窟や岩陰を人類が利用した遺跡。洞穴遺跡,また岩陰のものは岩陰遺跡ともいう。住居や墓穴などに利用したもので,ヨーロッパではフランスのラスコー遺跡をはじめ,旧石器時代の遺跡の多くがこれに属し,中国では世界最古の洞窟遺跡として周口店遺跡が名高い。
→関連項目フォン・ド・ゴーム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

どうくついせき【洞窟遺跡】

洞窟や岩陰,石灰岩の割れ目などを利用した遺跡の総称。洞穴(どうけつ)遺跡ともいい,岩陰のものは岩陰遺跡と呼ぶこともある。これらには,洞窟外から骨や人工遺物が二次的に流入,堆積した例を含む場合がある。洞窟内には,人間の生活廃棄物や自然の堆積物によって多数の層序が形成され,人為や自然による攪乱(かくらん)から比較的免れやすく,層序によって文化の新旧を編年するのに便利である。また石灰岩洞窟(石灰洞)では人骨や動物遺体,あるいは骨・牙器など腐朽しやすい有機質の遺物がよく保存されるなど,考古学上の研究にとって貴重である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

どうくついせき【洞窟遺跡】

洞窟の中に、人間が住居として用いた痕跡をとどめる遺跡。後期旧石器時代のものが多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

洞窟遺跡
どうくついせき

岩壁が自然の侵食作用によってえぐられてできたトンネル状のほらあなの中に、人間が利用した痕跡(こんせき)をとどめる遺跡。人工的に岩壁をくりぬいたものを洞窟とよぶこともあるが、一般には前記をさす。同意語に洞穴(どうけつ)があるが、使用法に差はない。内部の温度はほぼ一定し、夏涼しく冬暖かい。また風雨降雪を避けられ、多少の湿気と暗さがあっても非常に快適な生活環境にあったため、しばしば古代人に利用された。石灰岩の洞窟は砂岩洞窟などと異なって落盤が少なく、安定しているためかよく活用された。窟内は、遺構と出土遺物の状態から、(1)入口付近は炉址(ろし)や遺物が多く、日常生活の場とされ、(2)すこし奥まった部分では大形品が出土し、貯蔵や人骨埋葬が行われ、(3)一段と深い暗い場所には壁画が描かれ、呪術(じゅじゅつ)信仰の聖場として使用されたことなどがわかる。
 最古の人類である南アフリカのアウストラロピテクスから洞窟利用が始まり、後期旧石器時代になって一般化した。南フランスのドルドーニュ地方からスペインにかけては比較的濃い分布を示し、ラスコーやアルタミラなどはりっぱな壁画を多く残していることで有名である。また北アフリカのリビアからパレスチナ、イラク、マレーシア、中国、シベリアまで広く分布がみられる。とくに中国の周口店(しゅうこうてん/チョウコウティエン)は北京(ペキン)原人の発見で知られる。日本の場合は規模外形が小さいが、後期旧石器時代から縄文時代草創期に多く、以後しだいに少なくなり、断続的に歴史時代まで使われた。富山県の大境(おおざかい)洞窟、島根県の猪目(いのめ)洞窟、サルガ鼻(はな)洞窟、長崎県の泉福寺(せんぷくじ)洞穴、高知県の龍河洞(りゅうがどう)などの各遺跡がよく知られる。[麻生 優]
『日本考古学協会洞穴調査委員会編『日本の洞穴遺跡』(1967・平凡社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

洞窟遺跡の関連キーワード帝釈峡遺跡群忍ぶ石霜割れ罅割れ亀の手割れ目サンポトンペラトン伸張割れ目スリコライト

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

洞窟遺跡の関連情報