上層(読み)じょうそう

精選版 日本国語大辞典 「上層」の意味・読み・例文・類語

じょう‐そう ジャウ‥【上層】

〘名〙
① 層をなしているものの上方の層。転じて、物事表面
江家次第(1111頃)一七「件唐匣上層有面脂口脂筥、第二層入空頂黒幘
※春六題(1921)〈寺田寅彦〉六「上層の風は西から東へ流れて居るらしく」
② 高い建物の、上の方の階。
随筆甲子夜話(1821‐41)三〇「天守櫓の上層に居て常に人の入ること嫌ふ」 〔北史‐崔弘度伝〕
③ 上の階級上流
異端者の悲しみ(1917)〈谷崎潤一郎〉一「現在の窮境から上層の社会へ浮び出るやうになって欲しい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「上層」の意味・読み・例文・類語

じょう‐そう〔ジヤウ‐〕【上層】

幾重にも重なってできているものの上の方の部分。⇔下層
社会などの中で、上の方の階級・階層。「会社上層部の意見
高い建造物の上の方にある階。
[類語](1高層/(2上流

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「上層」の読み・字形・画数・意味

【上層】じようそう

上の段。

字通「上」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android