上層(読み)じょうそう

精選版 日本国語大辞典「上層」の解説

じょう‐そう ジャウ‥【上層】

〘名〙
① 層をなしているものの上方の層。転じて、物事の表面。
※江家次第(1111頃)一七「件唐匣上層有面脂口脂筥、第二層入空頂黒幘
※春六題(1921)〈寺田寅彦〉六「上層の風は西から東へ流れて居るらしく」
② 高い建物の、上の方の階。
※随筆・甲子夜話(1821‐41)三〇「天守櫓の上層に居て常に人の入ること嫌ふ」 〔北史‐崔弘度伝〕
③ 上の階級。上流。
※異端者の悲しみ(1917)〈谷崎潤一郎〉一「現在の窮境から上層の社会へ浮び出るやうになって欲しい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「上層」の解説

じょう‐そう〔ジヤウ‐〕【上層】

幾重にも重なってできているものの上の方の部分。⇔下層
社会などの中で、上の方の階級・階層。「会社の上層部の意見」
高い建造物の上の方にある階。
[類語](1高層/(2上流

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android