コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュール大聖堂 ジュールダイセイドウ

デジタル大辞泉の解説

ジュール‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【ジュール大聖堂】

Győri bazilika》ハンガリー北西部の都市ジュールの旧市街にあるカトリック教会の大聖堂。11世紀にロマネスク様式で建造。モンゴル人来襲後にゴシック様式で改築され、二つの礼拝堂が加わった。内部には中世ハンガリーにおける金細工の傑作とされる聖ラースローの胸像や、オーストリア出身の画家フランツ=アントン=マウルベルチによるフレスコ画がある。ジェール大聖堂。ジョール大聖堂。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ジュール大聖堂の関連キーワードロマネスク様式

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android