コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胸像 きょうぞうbust

翻訳|bust

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胸像
きょうぞう
bust

人物の頭部および胸部を含む上部を彫刻したまたは絵画。その歴史は,肖像の歴史とともにあり,古くはエジプト新王国時代の死者の胸像に作例がある。ギリシアでは前5世紀頃から制作されているが,のちには頭像におもな関心が移行する。ローマ時代になると,皇帝や共和制の行政官などの記念像として多くの胸像がつくられた。中世には聖者の肖像にその例があるとしてもほとんどまれであり,再び胸像が制作されはじめるのは,ルネサンス時代,特にクァトロチェントのフィレンツェ派彫刻家によってである。以後西洋美術においては最も古典的でアカデミックな人物表現の一形式として現代まで継続して制作されてきている。日本においては,明治以後に西ヨーロッパよりもたらされ,いわゆる銅像に多く作例をみることができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

きょうぞう【胸像】

人の頭部から胸部ないし肩までの彫像または絵画。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

胸像の関連情報