礼拝堂(読み)れいはいどう

大辞林 第三版の解説

らいはいどう【礼拝堂】

寺院で、本堂の前にあって本尊を礼拝するための堂。礼堂。 → れいはいどう

れいはいどう【礼拝堂】

キリスト教で、礼拝をするために設けられた堂。チャペル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の礼拝堂の言及

【チャペル】より

…キリスト教徒の礼拝堂,祭室。語源は,トゥールの司教マルティヌスの着用していた〈カッパcappa(長衣)〉で,聖遺物であるその衣の安置所をチャペルといった。…

※「礼拝堂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ギャンブル等依存症対策基本法

競馬やパチンコなどのギャンブル依存症への対策を進めるために、国や地方公共団体に対して、依存症の予防・啓発や、患者、家族へのケア、支援に関する計画の策定などを義務付ける国の法律。自民党と公明党、日本維新...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

礼拝堂の関連情報