ジョーウィルフリード ツォンガ(英語表記)Jo-Wilfried Tsonga

現代外国人名録2012の解説

ジョーウィルフリード ツォンガ
Jo-Wilfried Tsonga


国籍
フランス

専門
テニス選手

生年月日
1985/4/17

出生地
フランス ルマン

経歴
父はコンゴ人。2003年全米ジュニア王者。2004年プロ転向。2008年1月世界ランキング38位ながら、4大大会5度目の出場の全豪オープン準決勝で、ラファエル・ナダル(スペイン)を破り決勝に進出して注目を集める。同年世界ランキング7位。2009年10月楽天オープン(有明コロシアム)で初優勝。188センチ、91キロ。右利き。ニックネームは“テニス界のモハメド・アリ”。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

最新 世界スポーツ人名事典の解説

ジョーウィルフリード ツォンガ
Jo-Wilfried Tsonga
テニス

テニス選手
生年月日:1985年4月17日
国籍:フランス
出生地:ルマン
経歴:父はコンゴ人。2003年全米ジュニア王者。2004年プロに転向。2008年1月世界ランキング38位ながら、4大大会5度目の出場の全豪オープン準決勝でラファエル・ナダル(スペイン)を破り注目を集める。2009年全豪オープンはベスト8、全仏オープン全米オープンで初の4回戦進出。10月楽天オープン(有明コロシアム)で初優勝。2010年全豪オープンベスト4、全英オープン(ウィンブルドン)ベスト8。2011年ウィンブルドンベスト4、全米オープンベスト8。2012年全仏オープンベスト8、ウィンブルドンベスト4。ロンドン五輪ダブルスでミカエル・ロドラと組み銀メダルを獲得。2013年全豪オープンベスト8、全仏オープンベスト4。188センチ、91キロ。右利き。ニックネームは“テニス界のモハメド・アリ”。

出典 日外アソシエーツ「最新 世界スポーツ人名事典」最新 世界スポーツ人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android