ジョーンズ(読み)じょーんず(英語表記)Robert Tyre(Bobby)Jones

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジョーンズ(Robert Tyre(Bobby)Jones)
じょーんず
Robert Tyre(Bobby)Jones
(1902―1971)

球聖とたたえられたアメリカのアマチュア・ゴルファー。全米アマ(1924、1925、1927、1928、1930)、全米オープン(1923、1926、1929、1930)、全英オープン(1926、1927、1930)、全英アマ(1930)に優勝。その偉大な球歴に加えて、「スウィングの詩」といわれる流麗な型を完成し、不滅の金字塔グランドスラム(四大公式競技の年間四冠王)を達成した。またアマチュアとして輝かしい戦績を残しながら、若くして現役を退き、現在の世界四大競技の一つであるマスターズ・トーナメントの創始者として知られる。[水谷 準]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジョーンズの関連情報