スカポライト化作用(読み)スカポライトかさよう(英語表記)scapolitization

岩石学辞典の解説

スカポライト化作用

斑糲(はんれい)岩などの火成岩中のアルミノ珪酸塩鉱物がスカポライトで置換される作用.一般に斜長石はこの作用で変質する鉱物で,これに伴われて共存するオージャイトは角閃石に変化する[Judd : 1889].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android