コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スキーリングスサル Skiringssal

世界大百科事典 第2版の解説

スキーリングスサル【Skiringssal】

バイキング時代のノルウェーの交易地。アングロ・サクソンのアルフレッド大王によるオロシウス《世界史》のアングロ・サクソン語への翻訳(880年代)本の序章には,当時の北ノルウェーの豪族オウッタルによる北欧地理口述があり,そこにノルウェー南部の交易港,スキリンゲス・ヘアレSciringes healeについて言及がある。この地は早くからベストフォル地方にあるとされていたが,1950年以来の発掘は,この最古の交易地がベストフォルのカウパングKaupangにあったことをほぼ確定した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スキーリングスサルの関連キーワードアングロ・サクソンテンスベル

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android