コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スクミリンゴガイ Pomacea canaliculata; apple snail

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スクミリンゴガイ
Pomacea canaliculata; apple snail

軟体動物門腹足綱タニシモドキ科。俗称 (商品名) はジャンボタニシ高 6.5cm,殻径 5.7cmの淡水産巻貝。殻は球卵形でやや薄く,螺塔は小さい円錐形で6階。螺層はふくらみ,縫合はくぼみ,体層は大きく球状。殻表は平滑で,全体にオリーブ色で個体により黒褐色の縞がある。殻口は卵円形で,外唇は丸く湾曲,軸唇はゆるく湾曲し,臍孔は狭いが深い。ふたは革質,黒褐色で卵円形,核は内方に寄り,共心円脈がある。頭足部は黒褐色で茶褐色の斑点を散らし,頭部には著しく細長い頭触角をもつ。鰓と肺の両方をもち,空気呼吸もすることができる。南アメリカ原産。日本には 1970年代よりアルゼンチンから食用として輸入されはじめ,各地で養殖された。しかし,脱出したものが南西日本の溝や田に野生化し,雑食性でしばしば稲苗を食害するため 1983年には有害動物に指定された。卵塊は鮮紅色で,日没後に水面より上に伸びたマコモやヨシの茎,コンクリートの側溝壁に産みつける。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

スクミリンゴガイ

リンゴガイ科に属し、日本在来のタニシ科のタニシと異なる。数十から数百個の卵を産む。夏には殻高3センチの成貝となり、繁殖力が強い。寒さには弱いが、水田ではわらの下や土中、用排水路では橋の下、土管の中などで越冬する。

(2009-12-16 朝日新聞 朝刊 三重全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

スクミリンゴガイの関連キーワードジャンボ田螺リンゴガイ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スクミリンゴガイの関連情報