コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内方 ウチカタ

デジタル大辞泉の解説

うち‐かた【内方】

うち。家の中。
「女房と母親のみは去るべきところなければ―に残り居れば」〈露伴・辻浄瑠璃〉
商家で、店に対して家族の生活している所。
「でっちは、又―へ聞こゆる程手本読みて手習ひするは」〈浮・胸算用・二〉
他人・相手の家の敬称。お宅。
「卒爾(そつじ)ながら久作様は―でござんすかえ」〈浄・歌祭文
他人の妻を敬っていう語。奥方。
「―は悋気(りんき)深し」〈浮・一代女・四〉

ない‐ほう〔‐ハウ〕【内方】

内部のほう。うちがわ。⇔外方
(「内宝」とも書く)他人の妻を敬っていう語。内儀。内室。うちかた。
「高砂歌う礼式さえすれば、夫(それ)で女は御―様になり」〈露伴・寝鉄砲〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うちかた【内方】

(外に対して)家の中、内部。(店に対して)奥。 「丁稚でつちは又-へ聞こゆる程手本読みて/浮世草子・胸算用 2
他人の妻の敬称。奥方。裏方。 「 -は悋気りんきふかし/浮世草子・一代女 4
他人の家を敬っていう語。お宅。 「 -に居さんす半七殿に/浄瑠璃・長町女腹切

うちがた【内方】

内裏に仕える人々。天皇方の人。 「長日の御修法・御読経など-よりも始めさせ給ひ/栄花 花山

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

内方の関連キーワードアトラスオオカブトムシリュウキュウアオイガイマンボウガイ(万宝貝)ヤッコソウ(奴草)タカラガイ(宝貝)レセプタクリテスキイロダカラガイダーウィン結節ルーミスシジミウミウサギガイバーバリシープクワガタモドキガクアジサイムクゲコノハオオゾウムシクロツヤムシオオクワガタシロウリガイ長町女腹切ケカゲロウ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内方の関連情報