コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

よし ヨシ

デジタル大辞泉の解説

よし[感]

[感]
決意するときに発する声。さあ。「よし、やるぞ」
人に行動を促すときに発する声。さあ。「よし、来い」
人の行為を承認するときに発する声。「よし、その調子だ」

よし[間助]

[間助]《間投助詞の「よ」「し」を重ねたもの。上代語》種々の語に付いて、文節末に置かれる。語勢を強め、感動の意を表す。→やし
「はしき―我家(わぎへ)の方ゆ雲居立ち来(く)も」〈景行紀・歌謡〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よし

( 感 )
〔形容詞「よし」から〕
決意・決断・了解などがついたときに発する語。 「 -、行くぞ」 「 -、わかった」
慰めたりなだめたりする語。 「 -、もう泣くな」 「おう、-、-」

よし

( 連語 )
〔間投助詞「よ」に間投助詞「し」の付いたもの。上代語〕
文節末に付いて、詠嘆の意を表す。 「はしき-我家わぎえの方ゆ雲居立ち来も/日本書紀 景行」 「あをに-奈良の都は古りぬれどもとほととぎす鳴かずあらなくに/万葉集 3919

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

よしの関連キーワード此れで吉田の兼好吉田〈町〉葦簀張りよしよし東吉田形容詞結構者吉田町吉浦町吉川町吉本吉川語勢芳野連語詠嘆春吉吉倉吉田吉野

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

よしの関連情報