よし(読み)ヨシ

  • 間助

デジタル大辞泉の解説

[感]
決意するときに発する声。さあ。「よし、やるぞ」
人に行動を促すときに発する声。さあ。「よし、来い」
人の行為を承認するときに発する声。「よし、その調子だ」
[間助]《間投助詞の「よ」「し」を重ねたもの。上代語》種々の語に付いて、文節末に置かれる。語勢を強め、感動の意を表す。→やし
「はしき―我家(わぎへ)の方ゆ雲居立ち来(く)も」〈景行紀・歌謡〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘感動〙 承知や承認、また、決意、命令などの意味を表わして、相手のことばに応じて発することば。わかった。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「はづかしくさへ有りて泣くをみて、『よし、いかがはせむ。女知り侍らば、物なおぼしそ』」
〘間投助〙 (間投助詞「よ」「し」の重なってできたもの) 文節末に添えて詠嘆を表わす。
※書紀(720)景行一七年三月・歌謡「はしき予辞(ヨシ) 我家の方ゆ 雲居立ち来も」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android