コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スクリーンショット スクリーン ショット

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スクリーンショット

コンピューターの画面に表示されている内容を画像ファイルとして保存したもの。また、スクリーンショットを作成する作業をキャプチャーという。Windowsでは、ScreenScreen]キーを押すと、そのとき表示されていた画面がクリップボードに保存される。また、[AltScreenOSでは、[commandOSでは、[command]+[shiftOSでは、[command]+[shift]+[3OSでは、[command]+[shift]+[3]キーで画面全体、[commandOSでは、[command]+[shift]+[3]キーで画面全体、[command]+[shiftOSでは、[command]+[shift]+[3]キーで画面全体、[command]+[shift]+[4Screen

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

スクリーンショット【screenshot】

コンピューターのディスプレーに表示された画面の全体または一部を静止画像のデータとして保存すること。また、そのようにして保存された画像。◇「スクリーンキャプチャー」「スクリーンダンプ」「画面キャプチャー」「画面取り込み」「スナップショット」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スクリーンショットの関連情報