画面(読み)がめん

精選版 日本国語大辞典「画面」の解説

が‐めん グヮ‥【画面】

〘名〙
① 絵画の描かれている全体の面。絵のおもて。また、単に絵をいう。
※歌舞伎・四天王産湯玉川(1818)二番目「団十郎のこの画面(グヮメン)、桝花女様には彼れ等が見る前で、引き裂いておしまひ」
② 絵に描かれている姿。絵の通りの姿。
※歌舞伎・松栄千代田神徳(徳川家康)(1878)三幕「松の蔭より画面(グヮメン)の天人、羽衣を腰に付け、現はれ」
③ 映画やテレビなどで、映写幕やブラウン管に写し出された映像。
※漫談集(1929)見習諸勇列伝の巻〈徳川夢声〉「画面(グヮメン)の格闘は派手であるが、あれは御芝居に過ぎない」
④ 正投影法における立画面、平画面、側画面の総称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「画面」の解説

が‐めん〔グワ‐〕【画面】

描かれている絵の表面。
映画やテレビなどの映像。「画面が乱れる」
フィルム印画紙に焼きつけられた映像。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android