コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スケーリング則(物理) scaling law

法則の辞典の解説

スケーリング則【scaling law】

二つのの間の比例関係を主張する法則.ある範囲の大きさでは正しいことが知られているとき,大きさの程度が甚だしく異なる場合でも,大まかにはこの関係が成り立つとして,量の概算を行うのに用いられる.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

スケーリング則(物理)の関連キーワードウィルソン(Kenneth Geddes Wilson)物性論二つ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android