コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スコアリング方式

産学連携キーワード辞典の解説

スコアリング方式

「スコアリング方式」とは、実施料率の算定方法の1つ。実施料率に影響する事象を定量化(スコア)し、平均的な実施料率に反映させる方法。スコアは実施料率に対する一般的な影響度の強さと、知的財産の持つ固有の影響度の強さを掛け合わせて算定され、全ての事象のスコアを足し合わせたものを平均と比較する。「スコアリング方式」は、分かりやすい方法ではあるが、スコアと実施料率との関連が必ずしも明確でない、などの問題点がある。

出典|(株)アヴィス産学連携キーワード辞典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android