全て(読み)スベテ

デジタル大辞泉「全て」の解説

すべ‐て【全て/凡て/総て】

《動詞「す(統)ぶ」の連用形+接続助詞」から》
[名]ある物や、ある事の全部。いっさい。「―を知る」「見るもの―が珍しい」「金が―の世の中」
[副]
ことごとく。残らず。「財産を―投げ出す」「見たことを―話す」
おおよそ。大体。総じて。
「―、きむぢ、いとくちをし」〈かげろふ・中〉
(打消しの語を伴って用いる)全然。まるっきり。
「―音もせで五六日になりぬ」〈大和・一〇三〉
[用法]すべて・全部みな――「植木がすべて(全部・みな)枯れた」「株で失敗して財産をすべて(全部・みな)失った」「島民はすべて(全部・みな)避難した」など、相通じて用いられる。◇「すべて」「全部」は、「在庫はすべて(全部)売り切れた」「会員すべて(全部)が反対だ」のように、物についても人についても使う。◇「みな」は「みな、出かけようか」という代名詞としての用法があるように、特に人について多く使われる。「みなで協力しよう」「みな帰ってしまった」などの文脈では「すべて」「全部」は不適当である。◇「すべて」は文章語的で、「みな」「全部」は口語的である。
[類語](一切いっさい全部全体全般万般万端万事総体全数総数総量全額満額総額総高/(1何もかもことごとくなべてみな・みんな悉皆しっかい残らず余すところなく漏れなく逐一ちくいちすっかりそっくり洗いざら一から十までくまなく根こそぎ虱潰しあまねく満遍ない万事一切一切合財丸ごとごっそりすっぽりいちいち細大漏らさず何でもかんでも根掘り葉掘りフル十分十二分充足たっぷりたくさんなみなみ一杯がっつり無数多量盛り沢山豊富満喫存分満杯満員満席満車満室満タン満点満幅飽和満ち足りる全部全体全面(「すべての」の形で用いる場合)有る限りの有りったけあらゆる有りとあらゆる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android