コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スコットランド文学 スコットランドぶんがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スコットランド文学
スコットランドぶんがく

6世紀にアイルランドから伝播した高地や島嶼のゲール語文学も含まれるが,普通はスコットランド低地人によって話される方言または標準英語で書かれた文学をいう。低地方言の文学は 13世紀後半 (Thomas the Rhymerなど) までさかのぼり,16~17世紀のチョーサー派 Scottish Chauceriansを経て 18世紀の R.バーンズらにいたり,20世紀にはスコットランド文芸復興運動の先駆者 H.マクディアーミッドらが出た。英語によるものはジェームズ1世の頃から激増し,W.ドラモンドから『四季』の作者 J.トムソンを経て 19世紀のバイロン,W.スコット,カーライル,R.L.スチーブンソンらにいたり,20世紀には E.ミュアらが出た。スコットランドの国民感情が強く打出されているのが特色である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

スコットランド文学の関連キーワードヒュー マックディーアミッド

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android