スコットランド文学(読み)スコットランドぶんがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スコットランド文学
スコットランドぶんがく

6世紀にアイルランドから伝播した高地や島嶼のゲール語文学も含まれるが,普通はスコットランド低地人によって話される方言または標準英語で書かれた文学をいう。低地方言の文学は 13世紀後半 (Thomas the Rhymerなど) までさかのぼり,16~17世紀のチョーサー派 Scottish Chauceriansを経て 18世紀の R.バーンズらにいたり,20世紀にはスコットランド文芸復興運動の先駆者 H.マクディアーミッドらが出た。英語によるものはジェームズ1世の頃から激増し,W.ドラモンドから『四季』の作者 J.トムソンを経て 19世紀のバイロン,W.スコット,カーライル,R.L.スチーブンソンらにいたり,20世紀には E.ミュアらが出た。スコットランドの国民感情が強く打出されているのが特色である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android