コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スコピュラリオプシス スコピュラリオプシスScopulariopsis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スコピュラリオプシス
Scopulariopsis

不完全菌類叢生不完全菌目の1属。このカビはアンネロフォーア (annellophore) により分生子形成が行われる。すなわち分生子形成時に分生子の基部の膜がカラー状に残り,2次胞子はその部分からふくらみ出た細胞からつくられるもので,このカラー状の胞子の基部の形態をアンネロフォーアという。本属の各種は色には広い幅がみられ,広く土壌中に分布する。しばしば腐りつつある有機物に遭遇すると急速に繁殖する。なお,核菌綱ケタマカビ属 Chaetomiumのある種が,この形の分生子を形成することが知られる。不整子房菌類のミクロアスクス属 Microascusとほとんど常に共存する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android