分生子(読み)ぶんせいし

精選版 日本国語大辞典「分生子」の解説

ぶん‐せいし【分生子】

〘名〙 菌類に見られる無性胞子の一つ。菌子が先端で切れてできたものと、菌子内部の細胞質分裂によりできたもの(内生分生子)とがある。分生胞。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「分生子」の解説

ぶんせいし【分生子 conidium】

分生胞子conidiosporeともいう。菌類において,出芽や分裂などの方法によって無性的に形成される胞子のうちで,鞭毛をもたず細胞壁が比較的薄いものをいう。形成の過程で,減数分裂をともなわないので,分生子の核相は母菌糸のそれと同じである。ふつう分生子柄conidiophoreという特定の菌糸上に出した状態で形成されるが,分生子殻pycnidiumという囊状の構造の内部に形成されることもある。分生子は単細胞または多細胞で,形,大きさ,色,およびその形成過程はさまざまであり,菌類のうちでもとくに,有性生殖の知られていない不完全菌類では,分生子の特徴が分類の重要な基準となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の分生子の言及

【菌類】より

…有性生殖の結果として接合胞子を形成する。無性生殖は胞子囊胞子,あるいは分生子による。有性生殖は配偶子囊の接合にはじまり,融合した両配偶子囊が発達して接合胞子となる。…

【硬化病】より

…とくにカイコの糸状菌病についていわれるが,このうちこうじかび病は糸状菌による病気ではあるが,幼虫死体が軟化するので硬化病とは呼ばない。病原菌の分生子は昆虫の皮膚に付着して適当な温度と湿度が与えられると発芽し,発芽管は伸長して菌糸となり,昆虫の皮膚を貫通する。菌糸が血液に達すると短菌糸を形成する。…

※「分生子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android