コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スタンピング・グラウンド

1件 の用語解説(スタンピング・グラウンドの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

スタンピング・グラウンド

チェコ出身の振付家イリ・キリアン振付によるバレエ(1983)。原題《Stamping Ground》。初演はネザーランド・ダンス・シアター。音楽はカルロスチャベスオーストラリア先住民アボリジニの踊りに着想を得た作品。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スタンピング・グラウンドの関連キーワードじゃじゃ馬ならし異郷への回帰エイドス:テロスエイリアン、異邦人・その行動ショピニアーナ白の組曲バラの精パリの喜びリターン・トゥ・ザ・ストレンジ・ランド忘れられた土地

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone