踊り(読み)オドリ

デジタル大辞泉「踊り」の解説

おどり〔をどり〕【踊り/躍り】

《跳ね上がること、飛び跳ねることが原義》
り)音楽などに合わせて踊ること。また、その動作舞踏舞踊。ダンス。
(踊り)
㋐日本の芸能で、まいと区別して、跳躍運動を体としたもの。多くは集団性・熱狂性・庶民性をもつ。
㋑特に、盆踊り 秋》「四五人に月落ちかかる—かな/蕪村
踊り歌」の略。
踊り字」の略。
躍り食い」の略。また、その料理。「エビの—」
顋門ひよめき」に同じ。〈日葡
動悸どうきがすること。
「胸の—は未だ止まず」〈浄・扇八景〉
江戸時代、高利貸し業が返済期日を月末とせずに25日限りとし、これに遅れた場合は以後の4、5日でさらに1か月分の利子を取ったこと。踊り
[下接語]足踊り雨乞い踊り阿波あわ踊り伊勢いせ踊り大踊り掛け踊り傘踊り歌舞伎踊り看看かんかん踊り組踊り小歌踊り小躍りささら踊り素踊りすずめ踊りすててこ踊り総踊り太鼓踊り大漁踊りつじ踊り手踊り灯籠とうろう踊り練り踊り念仏踊り馬鹿ばか踊り裸踊り豊年踊り盆踊りやっこ踊り
[類語]踊る舞う舞踏舞踊ダンスバレエ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「踊り」の解説

踊り
おどり

舞踊の一側面である「おどり」には,古くから「」,「踊」などの漢字があてられた。古代では単なる跳躍を主とする日常の動作を意味し,芸術的舞踊は「舞」と称された。古代以来,踊りは宗教と深く結びつき,したがって巫女僧侶などの宗教者たちによってになわれ,伝承され,広められた。宗教性から脱皮し,芸術としてのまとまりを示すにいたるのは,歌舞伎へ発展してからである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「踊り」の解説

おどり【踊り】

現在は〈舞踊〉として総称されるが,歴史的には舞と踊りは別の芸態である。舞が囃子手など他者の力で舞わされる旋回運動を基本とするのに対して,踊りはみずからの心の躍動やみずからが奏する楽器リズム原動力に跳躍的な動きを基本とする。〈躍〉〈〉〈をどり〉などのも用いる。舞が選ばれた者や特別な資格を持つ者が少人数で舞うのに対し,踊りはだれでもが参加できるためをなす場合が多く,場も特殊な舞台を必要としない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の踊りの言及

【日本舞踊】より

…しかし狭義では歌舞伎舞踊を指し,ふつう,これが一般的用語となっている。〈舞踊〉という語はまわるという意味の〈(まい)〉とおどり上がるという意味の〈踊り〉という語を合成したもので,1904年坪内逍遥が《新楽劇論》中で用いたのが最初といわれる。
[歴史]
 日本における舞踊の初めは,招魂(たまふり)・鎮魂(たましずめ)の呪術としての神楽にあり,以後,大和舞(やまとまい),楯臥舞(たてふしまい),隼人舞(はやとまい),久米舞(くめまい),古志舞(こしまい),吉士舞(きしまい),殊舞(たつつまい),田舞(たまい),五節舞(ごせちのまい),東遊(あずまあそび)などが行われた。…

【舞踊】より

…呪術的,宗教的舞踊は日本では神楽(かぐら),舞楽,延年(えんねん),呪師,盆踊などのなかに見られる。のち舞踊はみずからの楽しみのために踊り,また鑑賞するものに発展した。古代の〈歌垣(うたがき)〉(嬥歌(かがい))や中世の〈風流(ふりゆう)〉などをはじめ民俗舞踊や郷土舞踊がそれにあたる。…

【振り】より

…舞踊では,しぐさ,所作を指す。日本舞踊は振り,舞,踊りの3要素から成り立っているが,舞が〈まわる〉を語源とする平面的旋回動作,踊りが〈躍る〉という言葉に発している上下的動作であるのに対して,振りは物まね的しぐさの,演劇的要素の強い部分を指している。歌詞に即して物まね的に演じることもあるが,その時点を超越すると扇1本,手ぬぐい1本,時には何も持たずに状況を観客の眼前にほうふつとさせることも可能で,深い奥行きをもっている。…

※「踊り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

まん延防止等重点措置

新型インフルエンザ等対策特別措置法において定められた措置。2019年に中国で初めて確認され、その後世界中に感染が拡大した新型コロナウイルス感染症(COVID(コビッド)-19)対策の推進を図るため、2...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android