コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スタークフォンテン渓谷 スタークフォンテンケイコク

1件 の用語解説(スタークフォンテン渓谷の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

スタークフォンテン‐けいこく【スタークフォンテン渓谷】

Sterkfontein valley》南アフリカ共和国北東部、ハウテン州の都市ヨハネスブルクの北にある渓谷。一帯には多くの石灰洞窟があり、初期人類アウストラロピテクスアフリカヌス頭蓋骨など多数の人類化石が発見され、「人類のゆりかご」「人類発祥の地」とも呼ばれる1999年、スワートクランズ、クロムドライ地区とともに世界遺産文化遺産)に登録。2005年にはタウング頭骨化石遺跡とマカパン渓谷が登録範囲に追加された。登録名称は「スタークフォンテン、スワートクランズ、クロムドライの人類化石遺跡群及び周辺地域」。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

スタークフォンテン渓谷の関連キーワードBit Valleyビットバレービットバレーティムナ渓谷ポーテージ渓谷キドロンの谷ケデロンの谷ワイマング渓谷キンタ谷バリエム渓谷

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone