一帯(読み)イッタイ

大辞林 第三版の解説

いったい【一帯】

ある地域全体。そのあたり全部。 「下町-が空襲にあった」 「この辺-」 〔類義の語に「一円」があるが、「一円」はある地方の全域の意を表す。それに対して「一帯」はある場所、およびその付近の一続きの地域をいう〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いっ‐たい【一帯】

〘名〙
① ひとすじ。ひとつづき。一脈。
※本朝無題詩(1162‐64頃)五・冬二首〈藤原忠通〉「一帯潺湲一頃田、迎冬忘却紙窓前」
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉五「白い光りの一帯は半切程に細くなった」 〔冷朝陽‐登霊善寺塔詩〕
② その場所や地方のあたり全体。一円。一面。
※尋常小学読本(1887)〈文部省〉六「土佐は、東南一帯海にのぞめる国にて」
③ 松明(たいまつ)一本。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一帯の関連情報