一帯(読み)いったい

精選版 日本国語大辞典「一帯」の解説

いっ‐たい【一帯】

〘名〙
① ひとすじ。ひとつづき。一脈。
※本朝無題詩(1162‐64頃)五・冬二首〈藤原忠通〉「一帯潺湲一頃田、迎冬忘却紙窓前」
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉五「白い光りの一帯は半切程に細くなった」 〔冷朝陽‐登霊善寺塔詩〕
② その場所や地方のあたり全体。一円。一面。
※尋常小学読本(1887)〈文部省〉六「土佐は、東南一帯海にのぞめる国にて」
松明(たいまつ)一本。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「一帯」の解説

いっ‐たい【一帯】

あたり全体。「九州一帯
ひと続き。ひとすじ。
「―の冬雲が浮んで」〈藤村破戒
[類語]全域一円一面辺り地域周辺近辺四辺周囲まわり近く付近界隈かいわい近傍へんぐるり周縁周回外周四方四囲四面八方見渡す限り区域地区地方方面地帯土地境域さかい領域エリアゾーン区画

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android