一帯(読み)イッタイ

大辞林 第三版の解説

ある地域全体。そのあたり全部。 下町-が空襲にあった この辺- 類義の語に一円があるが、一円はある地方の全域の意を表す。それに対して一帯はある場所、およびその付近の一続きの地域をいう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① ひとすじ。ひとつづき。一脈。
※本朝無題詩(1162‐64頃)五・冬二首〈藤原忠通〉「一帯潺湲一頃田、迎冬忘却紙窓前」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉五「白い光りの一帯は半切程に細くなった」 〔冷朝陽‐登霊善寺塔詩〕
② その場所や地方のあたり全体。一円。一面。
※尋常小学読本(1887)〈文部省〉六「土佐は、東南一帯海にのぞめる国にて」
③ 松明(たいまつ)一本。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出勤再開うつ

在宅勤務から出勤再開に伴う不安やストレスによって生じる心身の不調を指す俗称。2020年に新型コロナウイルスの感染拡大防止策として普及した、テレワークなどによる在宅での新しい働き方に慣れてきた頃に、緊急...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一帯の関連情報