一帯(読み)いったい

精選版 日本国語大辞典「一帯」の解説

いっ‐たい【一帯】

〘名〙
① ひとすじ。ひとつづき。一脈。
※本朝無題詩(1162‐64頃)五・冬二首〈藤原忠通〉「一帯潺湲一頃田、迎冬忘却紙窓前」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉五「白い光りの一帯は半切程に細くなった」 〔冷朝陽‐登霊善寺塔詩〕
② その場所や地方のあたり全体。一円。一面。
※尋常小学読本(1887)〈文部省〉六「土佐は、東南一帯海にのぞめる国にて」
③ 松明(たいまつ)一本。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android