コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スチュアート家 スチュアートケ

デジタル大辞泉の解説

スチュアート‐け【スチュアート家】

Stuart》イギリスの王家。1371年以来スコットランドの王家であったが、1603年、ジェームズ6世がイングランド王ジェームズ1世として即位、両国共通の王家となった。ピューリタン革命による中断をはさみ、1714年のアン女王の死まで続いた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

スチュアートけ【スチュアート家】

イギリスの王家。一四世紀来のスコットランド王家で、1603年姻戚によりジェームズ一世が王位につく。ピューリタン革命による共和(空位)制期を経て王政復古後再び王家となり、1714年アン女王の死去によりハノーバー家に代わる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

スチュアート家の関連キーワードグレート・ブリテン連合王国スターリング(イギリス)レノックス(伯・公家)アソル(伯・侯・公家)グレート・ブリテン王国ペーズリー修道院マーチ(伯家)ロバット(男)スコットランドスチュアート朝ハノーバー家ハノーバー朝デ・ウィット英蘭戦争同君連合イギリスウィトヨーク空位王位

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android