王家(読み)おうか

精選版 日本国語大辞典「王家」の解説

おう‐か ワウ‥【王家】

〘名〙
① 国の家筋。おうけ。
※聖徳太子伝暦(917頃か)下「生於倭国之王家、哀矜百姓、棟梁三宝」 〔書経‐微子之命〕
② 帝王のすまい。王宮
経国集(827)一三・詠雪応詔〈朝原道永〉「王家銀作屋、帝里玉為台」

おう‐け ワウ‥【王家】

[1] 〘名〙 =おうか(王家)
[2] 花山源氏の白河家の別称。王氏。伯家

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「王家」の解説

【王家】おう(わう)か

王室金文(さいき)〕昔先王に女(なんぢ)に命じてと作(な)し、王家を(をさ)めしめたまへり。

字通「王」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android