コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステープル制度 ステープルせいどStaple System

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ステープル制度
ステープルせいど
Staple System

中世末から近代初頭のイギリスで,最も重要な輸出品である羊毛の指定取引所制度。羊毛輸出関税は当時のイギリスの国家財政に重要な地位を占め,国王はこの取引所 (ステープル) を国外の1ヵ所に指定して関税収入の便をはかった。 14世紀末ドルトレヒトにおかれて以来ネーデルラントの港を転々としたが,14世紀後半から 16世紀なかばまではフランスのカレーにおかれた。この取引所の運営にあずかり,取引の特権を与えられた商人をステープラーズ Staplersという。 17世紀初めに廃止された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android