コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストークスの法則(蛍光) Stokes' law

法則の辞典の解説

ストークスの法則【Stokes' law】

ルミネセンス(蛍光)として放出される光の波長は,照射光(励起光)よりも常に長い.放出光が線スペクトルとなる場合には,ストークス線*と呼ばれる(ラマン効果*のように,時として短波長の蛍光が放出される場合があるが,こちらはアンチストークス線と呼ばれる).

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

ストークスの法則(蛍光)の関連キーワードストークス(Sir George Gabriel Stokes)サザーランド‐アインシュタインの式ストークスの定理(流体)ストークスの抵抗法則ストークスの法則落球粘度計の式光ルミネセンス重力分化作用ルミネセンスストークスラマン効果超遠心機粘性率粘度計抗力堆積血沈

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android