コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛍光 ケイコウ

デジタル大辞泉の解説

けい‐こう〔‐クワウ〕【蛍光】

蛍の尾部から発する光。ほたる火。
ルミネセンスの一種。あるいはX線陰極線その他の放射線を当てられた物質から発する光あるいは放射線。当てるのをやめるとただちに消える。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

蛍光【けいこう】

ある種の物質(蛍光体)が光の刺激を受けて発光すること。光の照射が終わると直ちに消滅する場合をいい,かなり長く(数秒)発光が続く場合は燐光(りんこう)という。蛍光は吸収した光エネルギーによって物質内の電子が励起状態に上り,直ちにもとの基底状態に戻るとき放出されるもので,気体と液体に多くみられ,気体では線スペクトル,液体では複雑な帯スペクトル,固体では狭い波長範囲の連続スペクトルを示す。
→関連項目蛍光顕微鏡赤外線

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

蛍光

 光線,紫外線,X線,電子線などを吸収した物質が光を放出すること.光で励起される場合,一般には吸収する光より放出する光の波長の方が長い.発する光を利用して定量分析定性分析をする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けいこう【蛍光 fluorescence】

励起状態にある物質が基底状態へもどる際に,電子遷移に伴って放出される光。ルミネセンスと同義に用いられることもあり,また,励起が終わると直ちに発光が止まるものを蛍光と呼び,しばらくの間発光が持続するリン光と区別することもあるが,現在では発光機構で区別されることも多い。ルミネセンス【三須 明】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

けいこう【蛍光】

ほたるの光。ほたる火。
〔fluorescence〕 ある物質に光や電磁波・粒子線などを照射した時に発光する現象。照射をやめてもしばらく発光するものはリン光という。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蛍光
けいこう
fluorescence

物質に光を当てたとき、その物質から発する光をいう。当てた光を取り除くと、ただちに発光が止まるのが蛍光で、発光がその後も続くのがリン光である。
 物質に光が当たると、物質内の化合物は、基底状態(エネルギー的に低い状態)から励起状態(エネルギー的に高い状態)になる。励起状態は不安定で、外部からのエネルギーが加わらなくなると基底状態に戻ろうとする。基底状態から励起状態に移るとき、その物質は光を吸収し、励起状態から基底状態に戻るとき発光する。励起状態にはスピン波動関数の性質により、スピンが対になっている一重項状態と、スピンが向きをかえた三重項状態がある。励起状態から基底状態に戻るとき、一重項状態から直接基底状態に戻るのが蛍光で、一重項状態からいったん三重項状態に立ち戻り、その後に基底状態に戻るのがリン光である。蛍光の寿命は10-9秒と短く、リン光は10-6秒で約1000倍長い。蛍光を発する物質を蛍光体という。しかし、一般に物質は光を受けると励起状態に遷移し、同時に基底状態に戻ろうと、受けた光と同じ波長の光を発光している。発光している光がホタルの光のような色である場合を蛍光といっているのである。
 蛍光の波長は物質によって異なるので、物質の同定にも利用されている。一般に気体では輝線スペクトル、液体では帯スペクトル、固体では連続スペクトルとなる。固体から発生する蛍光スペクトルは今日半導体として活用されている。[下沢 隆]
『R・S・ベッカー著、神田慶也訳『けい光とりん光』(1971・東京化学同人) ▽M・ボル、J・ドゥルニョン著、稲村耕雄・中原勝儼訳『色彩の秘密』(白水社・文庫クセジュ)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の蛍光の言及

【鉱物】より

…(6)圧電気 圧力(衝撃)を加えた場合,結晶の両端に異種静電気の帯電がみられる圧電性(圧電気)を示すものもある。(7)ルミネセンス 蛍石のように鉱物の一部には,光,熱,電子線などのエネルギーを与えた場合,これを吸収してその鉱物特有の波長の光を発生する特性(ルミネセンス)をもつものがあり,外部よりエネルギーを受けている間のみ発光する場合を蛍光,その後もしばらく発光が持続する場合をリン光と呼ぶ。約200種の鉱物は紫外線の照射により蛍光またはリン光を発生するため,鉱物の鑑定,特別の鉱石の探鉱などに利用されている。…

【リン光(燐光)】より

…物質をなんらかの方法で励起し,その励起を中止した後に長時間にわたって発光する場合,これをリン光という。蛍光が10-9秒程度の平均寿命であるのに対して,リン光は数秒に達することもある。ただし,このような区別は明確なものではなく,発光の機構によって定義することも多い。…

※「蛍光」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蛍光の関連キーワードシンチレーションカウンターノイズレス蛍光ランプグッデン‐ポール効果フリクションライトマイルドライナーリン(燐)光体小型変形蛍光灯長残光/短残光フルオレセイン蛍光分光測光法蛍光スペクトルデシェンヌ効果OSL線量計ガラス線量計蛍光分光測光リン(燐)光マジックアイインレット蛍光放電灯免疫蛍光法

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蛍光の関連情報