コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スピンオフドラマ戦略 すぴんおふどらませんりゃく

1件 の用語解説(スピンオフドラマ戦略の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

スピンオフドラマ戦略

2007年4月から6月に放送された『プロポーズ大作戦』(フジテレビ)はドラマ放映と同時期に、携帯電話で『プロポーズ小作戦』というミニドラマを動画配信していた。物語は、本編ドラマの主人公カップルの友人であった尚とエリのラブストーリーで、メーンストーリーの裏の「もう1つの物語」であった。近年、人気映画・ドラマの脇役をフューチャーしたスピンオフストーリーが流行しており、ハリウッドでは『バットマン』から『キャットウーマン』、日本では『踊る大捜査線』から『交渉人真下正義』『容疑者室井慎次』などが生まれている。もっとも、『プロポーズ小作戦』はテレビドラマから携帯配信への展開であり、ワンセグ放送が本格化する中で、より新機軸のメディアミックス戦略といえる。

(稲増龍夫 法政大学教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スピンオフドラマ戦略の関連キーワードワンセグメント放送人民戦線裏番組生放送ラジオドラマNHKオンデマンド国民歌謡二重放送リクエストプログラムマイケル・サンデル教授

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone