脇役(読み)ワキヤク

デジタル大辞泉「脇役」の解説

わき‐やく【脇役/傍役】

映画演劇などで、主役を助け、引き立たせる演技をする。また、その人。わき。「名―」
中心となる人を補佐し、守り立てる役。また、その人。「―に回る」「―に徹する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「脇役」の解説

わきやく【脇役】

や映画の登場人物で,主役と端役(はやく)の中間の重要さをもつもの,またそれを演じる俳優。主役とはその人を中心にして劇が展開する人物で,一般に登場場面もせりふも多く,観客に強い印象を与えるのに対し,端役は一般に登場場面もせりふも少なく,ときには集団の一人として現れたり,名まえをもっていなかったりする。脇役は普通は名まえをもち,ある程度の登場場面やせりふをもつが,劇の展開について主導権を握るところまではいかない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android