コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スピー人 スピーじんSpy man

2件 の用語解説(スピー人の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

スピーじん【スピー人 Spy man】

ウルム氷期に由来するヨーロッパの典型的なネアンデルタール人。1866年,ベルギーナミュールスピー洞窟から発見された。人骨は3体で,オルノー河床からわずか上がって南面する洞窟のテラス上に,成人男女の全身骨格各1体と,遊離した幼年下腿骨が埋葬されていた。これに伴う動物化石は,マンモス,クマ,野牛など。文化遺物としてはムスティエ文化の石器と骨器類が発見されている。スピー鈴木 尚

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スピー人
すぴーじん
Spy man

ベルギーのナミュール県スピー洞窟(どうくつ)から1886年に出土した典型的ネアンデルタール人骨。発見者はアマチュア考古学者のローエおよびド・ピュイ。発見されたのは、男性とみられる成人人骨2体と小児破片骨である。これらはムスティエ文化とともに埋葬されており、遺体の近くで火がともされた跡があった。スピー人骨は欠如部分もあるが、全身の姿を十分現している。それまでネアンデルタール人の低い前頭部を病理学的なものであるとする学界の権威ウィルヒョー(フィルヒョウ)G. Virchowの見解が一般に浸透していたが、同様な特徴をもつ本人骨の発見により、この説は崩れ、ネアンデルタールは一連の古代人類としての地位が確立された。[香原志勢]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone