見解(読み)ケンカイ

  • けんげ
  • みと・く

デジタル大辞泉の解説

物事に対する考え方や価値判断。「見解の相違」「見解を明らかにする」
ものの見方や考え方。また、真理を見きわめる力。洞察力。
「世俗の―には堕ちぬ心の明鏡に照らして彼れ此れ共に愛し」〈露伴五重塔

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

物事に対する見方・考え方。解釈や評価の仕方。 -の相違 -を異ことにする
考え。理解。また、特に仏教に即した正しい考え。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 ある物事についての価値判断や評価。意見。また、広く基本的なものの見方。けんげ。
※改正増補和英語林集成(1886)「Kenkai(ケンカイ) ヲ コトニ スル」 〔鶴林玉露〕
〘名〙
① (「げ」は「解」の呉音) 仏語。ものの見方、考え方。また、深く真理を見極める力。洞察力。
※撰集抄(1250頃)五「まことの見解の出できて」
※談義本・成仙玉一口玄談(1785)五「大俗にして是(かく)のごとき見解(ケンゲ)ある者にあらずといへり」 〔碧巖録‐一六則・本則〕
〘他カ四〙 ある物事を見て、その内容や情味を理解する。見てさとる。
※宇津保(970‐999頃)内侍督「これが心みとき給ふ人ありや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

見解の関連情報