見解(読み)けんげ

精選版 日本国語大辞典「見解」の解説

けん‐げ【見解】

〘名〙
① (「げ」は「解」の呉音) 仏語。ものの見方、考え方。また、深く真理を見極める力。洞察力。
※撰集抄(1250頃)五「まことの見解の出できて」
※談義本・成仙玉一口玄談(1785)五「大俗にして是(かく)のごとき見解(ケンゲ)ある者にあらずといへり」 〔碧巖録‐一六則・本則〕

けん‐かい【見解】

〘名〙 ある物事についての価値判断や評価。意見。また、広く基本的なものの見方。けんげ。
※改正増補和英語林集成(1886)「Kenkai(ケンカイ) ヲ コトニ スル」 〔鶴林玉露〕

み‐と・く【見解】

〘他カ四〙 ある物事を見て、その内容や情味を理解する。見てさとる。
※宇津保(970‐999頃)内侍督「これが心みとき給ふ人ありや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「見解」の解説

けん‐げ【見解】

ものの見方や考え方。また、真理を見きわめる力。洞察力。
「世俗の―には堕ちぬ心の明鏡に照らして彼れれ共に愛し」〈露伴五重塔

けん‐かい【見解】

物事に対する考え方や価値判断。「見解の相違」「見解を明らかにする」
[類語]意見所見考え主張所説所論持説持論私見私意私考所思見方オピニオン(尊敬)貴意高見(謙譲)愚見卑見私見管見

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「見解」の解説

【見解】けんかい

もののみかた。〔文史通義、五、古文十弊〕(おも)ふに時し、深く腸腑を錮(とざ)す。んで一切の古書古を窺ふに、皆此れ時の見解なり。

字通「見」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android