コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スモレンスク公国 スモレンスクこうこく

1件 の用語解説(スモレンスク公国の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

スモレンスクこうこく【スモレンスク公国】

中世ロシアの公国の一つ。バルト原住民を征服,混交して,西ドビナ,ドニエプルボルガの各河川上流域に広まった東スラブ人クリビチ族(とくにスモレンスク・クリビチ)の故地を母体とする。キエフ国家初期の9世紀末には,すでに中心市スモレンスクがあったが,公国になったのは,ウラジーミル・モノマフの孫で初代の公ロスチスラフ(在位1127‐59)の時からである。その後,キエフ国家の封建的分裂が進むなかで,13世紀後半にはスモレンスク公国からモジャイスク,ビャーゼムスキーの両分領地が分離した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スモレンスク公国の関連キーワードリューリク原住民小ロシアバルチック艦隊ロシア連邦労農ロシアカバルダバルカルカルムイクプロシア王セットロシアの恋人

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone