コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スルト Surtr

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スルト
Surtr

北欧神話の巨魔。世界の南のはてにある火焔界ムスペルヘイムの支配者。手に絶えず火花の雨を飛び散らす炎の剣を持つ。ラグナレクの決戦には,火の巨人たちの軍勢を率いて参加し,フレイ神と戦ってこれを倒したのちに,世界を焼き滅ぼす。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のスルトの言及

【火山】より

…またベスビオ(ウェスウィウス)山の大噴火でポンペイが埋没した際,現地調査に出た大プリニウスも有毒ガスを吸って死亡している。 北方の火山島アイスランドでも火山は畏怖の対象であり,〈アイスランド・サガ〉に語られる世界の終末〈ラグナレク〉にも,世界に火を放つ諸悪の総帥スルトSurtrが,噴火する火山の恐ろしさを象徴する神として現れる。中世以降は,北ヨーロッパを中心に,地球の中心に火が燃えさかり地の精霊が棲む別世界が存在するとの信仰が広がった。…

【北欧神話】より

…大地もなければ天もなく,奈落の口があるばかりで,まだどこにも草は生えていなかった。奈落の口の南にムスペルスヘイムMúspellsheimrという火焰をあげて燃え上がる国があり,そこをスルトSurtrという者が警護に当たっている。彼は燃えさかる剣を手に持ち,世界の終末(ラグナレク)が近づくと荒し回り,世界を火で焼き尽くすことになる。…

【ラグナレク】より

…怪狼フェンリルは自由の身になり,大口を開けて進み,ミズガルズの大蛇は毒を吹きながら陸に肉薄する。天は裂け,火の巨人スルトは巨人族を率いてやってくる。彼らが渡るときビルロストの橋は砕け落ちる。…

※「スルト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スルトの関連キーワード対華二十一か条要求/対華要求に関する加藤外相訓令(抄文)バーバラ クランプトンアタハイ(阿塔海)ムスペルスヘイム治安警察法(抄)アジュダービヤーゲルマン神話アイスランドカリマタ諸島コタキナバルバンガージーイグドラシルスルツェイ島スルト砂漠スルツエイ3月29日ミスルトー結城忠昌北欧神話私擬憲法

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android