コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラグナレク ラグナレク Ragnarök

3件 の用語解説(ラグナレクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラグナレク
ラグナレク
Ragnarök

北欧神話で世界の終末をいい表わす語。語義は神々の滅亡,たそがれの意。3度中間に夏のない冬のみが続き,そのあと3年の間道徳が乱れ,最後に巨人や悪霊など,それまで捕われていたすべてのものがかせを破って攻め寄せ,神々は,エインヘルヤルらとともにビグリズの野で,それらと戦って大部分が死に絶える

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ラグナレク

北欧神話で世界の終末,神々の滅亡をいう語。原義は〈神々の運命〉。〈神々のたそがれ〉とも。オーディントールフレイらの神々とスルトロキフェンリル狼,ミズガルズ蛇ら巨人族,怪物が死力を尽くして戦い,最後に天地は炎上して滅びる。
→関連項目ニーベルングの指環

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ラグナレク【Ragnarök[ドイツ]】

〈神々の運命〉の意味で,北欧神話で世界の終末,とくに神々の滅亡を表す。エッダ詩《巫女の予言》およびスノッリ・ストゥルルソンの《エッダ》によると,世界の終末の前兆がいくつかあり,それから狼が太陽をのみこむ。星々は天から落ち,大地は震え,木々は根こそぎにされる。怪狼フェンリルは自由の身になり,大口を開けて進み,ミズガルズの大蛇は毒を吹きながら陸に肉薄する。天は裂け,火の巨人スルトは巨人族を率いてやってくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のラグナレクの言及

【北欧神話】より

…奈落の口の南にムスペルスヘイムMúspellsheimrという火焰をあげて燃え上がる国があり,そこをスルトSurtrという者が警護に当たっている。彼は燃えさかる剣を手に持ち,世界の終末(ラグナレク)が近づくと荒し回り,世界を火で焼き尽くすことになる。奈落の口の北側にはニブルヘイムNiflheimrがあり,そこには氷と霜があって毒液の流れが奈落の口に流れ込んでいる。…

※「ラグナレク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラグナレクの関連キーワードフェンリル北欧神話ミズガルズ天つ国ノルネンニブルヘイムホズムスペルスヘイムウル(北欧神話)チュール(北欧神話)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone