コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラグナレク ラグナレクRagnarök

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラグナレク
Ragnarök

北欧神話で世界の終末をいい表わす語。語義は神々の滅亡,たそがれの意。3度中間に夏のない冬のみが続き,そのあと3年の間道徳が乱れ,最後に巨人や悪霊など,それまで捕われていたすべてのものがかせを破って攻め寄せ,神々は,エインヘルヤルらとともにビグリズの野で,それらと戦って大部分が死に絶える。太陽と月はおおかみに飲まれ,星は消え,世界は火の巨魔スルトによって焼き尽され,大地は大海に没する。しかし,やがて悪のない新世界が現れ,生残った神々が支配し,ホッドミミルの森に隠れて,ただ2人だけ生命をまっとうした人間の夫婦リブとリフズラシルの子孫の人類が,幸福な黄金時代の生活をおくる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ラグナレク

北欧神話で世界の終末,神々の滅亡をいう語。原義は〈神々の運命〉。〈神々のたそがれ〉とも。オーディントールフレイらの神々とスルト,ロキフェンリル狼,ミズガルズ蛇ら巨人族,怪物が死力を尽くして戦い,最後に天地は炎上して滅びる。
→関連項目ニーベルングの指環

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラグナレク【Ragnarök[ドイツ]】

〈神々の運命〉の意味で,北欧神話で世界の終末,とくに神々の滅亡を表す。エッダ詩《巫女の予言》およびスノッリ・ストゥルルソンの《エッダ》によると,世界の終末の前兆がいくつかあり,それから狼が太陽をのみこむ。星々は天から落ち,大地は震え,木々は根こそぎにされる。怪狼フェンリルは自由の身になり,大口を開けて進み,ミズガルズの大蛇は毒を吹きながら陸に肉薄する。天は裂け,火の巨人スルトは巨人族を率いてやってくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のラグナレクの言及

【北欧神話】より

…奈落の口の南にムスペルスヘイムMúspellsheimrという火焰をあげて燃え上がる国があり,そこをスルトSurtrという者が警護に当たっている。彼は燃えさかる剣を手に持ち,世界の終末(ラグナレク)が近づくと荒し回り,世界を火で焼き尽くすことになる。奈落の口の北側にはニブルヘイムNiflheimrがあり,そこには氷と霜があって毒液の流れが奈落の口に流れ込んでいる。…

※「ラグナレク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラグナレクの関連キーワードスノッリ・ストゥルルソン巫子シビルの予言ムスペルヘイムゲルマン神話ラグナロクアスガルズバルドルアサ神族楽園神話バルハラウィザルヘズルガルムゲルダバリ

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android