決戦(読み)けっせん(英語表記)decisive battle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「決戦」の解説

決戦
けっせん
decisive battle

戦争のある時期に行われ,戦い結末に決定的な影響を与える戦闘。あるいは小戦闘,紛争がエスカレートして,当事国にとって決定的な全面戦にいたった場合に決戦という。現実には,一戦闘の結果が決定的な結果をもたらすより,他の多くの要因が重なって戦争の勝敗が分れるので,政府またはの指導層が,国内向け宣伝や,敵国向け心理戦の一手段としてこの言葉を使うことが多かった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「決戦」の解説

けっ‐せん【決戦】

〘名〙 最終的な勝敗を決定するために戦うこと。決死の覚悟で戦うこと。また、その戦い。
※日本外史(1829)一「寧決戦于一レ此、刀折矢尽而後已」
坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉一〇「中学の方で、今朝の意趣返しをするんで、又師範の奴と決戦を始めた所です」 〔史記‐項羽本紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「決戦」の解説

けっ‐せん【決戦】

[名](スル)最終的な勝敗を決するために戦うこと。また、その戦い。「決戦をいどむ」
[類語]交戦対戦応戦抗戦大戦一戦夜戦白兵戦前哨戦実戦勝負乱戦乱闘混戦接戦熱戦激戦激闘死闘血戦歴戦連戦乱軍奮戦奮闘デッドヒートクロスゲームシーソーゲーム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「決戦」の解説

【決戦】けつせん

戦って勝敗を決する。〔史記、項羽紀〕今日固(もと)よりを決せり。はくはの爲に決戰し、必ず三たび之れにたん。

字通「決」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android