コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火花 ヒバナ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐ばな【火花】

細かく飛び散る火。火の粉。
石や金属などが激しくぶつかって瞬間的に発する火。
放電の際に発する光。スパーク

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

火花

お笑い芸人、又吉直樹の処女小説。売れない芸人徳永と、独自のお笑い哲学を持つ先輩芸人神谷の人生の交錯を描いた純文学作品。2015年刊。同年、第153回芥川賞受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ひばな【火花】

飛び散る火。火の粉。
金属・石などを急激にすり合わせたり、たたいたりしたときに出る火。
放電するときに出る光。スパーク。
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

火花の関連キーワードデラルー‐ミラーの法則スペクトル偏倚の法則スパーク(火花放電)ヘルツ効果(放電)スパークスペクトルフリント式ライター飛び散る・飛散るパッシェンの法則火花スペクトル火花ギャップピストン機関空気ドリル火を散らす点火プラグ灯油機関粉塵爆発点火装置ばちばちフリント発火合金

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火花の関連情報