火花(読み)ヒバナ

デジタル大辞泉プラスの解説

火花

お笑い芸人、又吉直樹の処女小説。売れない芸人徳永と、独自のお笑い哲学を持つ先輩芸人神谷の人生の交錯を描いた純文学作品。2015年刊。同年、第153回芥川賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ひばな【火花】

飛び散る火。火の粉。
金属・石などを急激にすり合わせたり、たたいたりしたときに出る火。
放電するときに出る光。スパーク。
[句項目] 火花を散らす

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火花の関連情報