コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火花 ヒバナ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐ばな【火花】

細かく飛び散る火。火の粉。
石や金属などが激しくぶつかって瞬間的に発する火。
放電の際に発する光。スパーク

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

火花

お笑い芸人、又吉直樹の処女小説。売れない芸人徳永と、独自のお笑い哲学を持つ先輩芸人神谷の人生の交錯を描いた純文学作品。2015年刊。同年、第153回芥川賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ひばな【火花】

飛び散る火。火の粉。
金属・石などを急激にすり合わせたり、たたいたりしたときに出る火。
放電するときに出る光。スパーク。
[句項目] 火花を散らす

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

火花の関連キーワードデラルー‐ミラーの法則スペクトル偏倚の法則スパーク(火花放電)フリント式ライタースパークスペクトルヘルツ効果(放電)パッシェンの法則飛び散る・飛散る火花スペクトル火花ギャップピストン機関球ギャップ火を散らす点火プラグ発火合金ばちばち粉塵爆発電気点火灯油機関電気火花

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火花の関連情報