コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スワッピング すわっぴんぐ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スワッピング

メモリーの管理方式のひとつで、メインメモリー上のデータとハードディスクなどの補助記憶装置とのデータを入れ替える処理。スワップとも呼ばれる。仮想メモリーにおいて、入出力割り込みが発生してCPUに別の仕事を割り当てるときに、優先順位の低いデータを補助記憶装置へ退避させるために行う。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

スワッピング(swapping)

二組み以上の夫婦または男女カップルが、お互いに相手を交換して行う性行為。夫婦交換。スワップ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

スワッピング【swapping】

スワップ。⇒スワップ

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

スワッピング【swapping】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

スワッピングの関連キーワードサマンサ フォックスホットスワップ走れウサギ活線挿抜

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android