スールナーイ(英語表記)sūrnāy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スールナーイ
sūrnāy

気鳴楽器の一種。管の先が朝顔形に開いた短いオーボエ属の笛。イスラムの世界に共通してみられる野外音楽 (祭礼,婚礼,軍楽など) に不可欠の鋭い音の楽器で,その名も地域によって異なる。ソルナー (イラン) ,シャハナーイ (北インド) ,スールネイ (インドネシア) ,ズルナ (トルコ) ,ミズマール (エジプト) ,ガイタ (マグレブ) ,ザムル (その他のアラブ) ,哨吶 (中国) ,胡笛または大平簫 (朝鮮) など。なお,日本のチャルメラはポルトガルから 16世紀に渡来した楽器であるが,起源はスールナーイではないかといわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android