祭礼(読み)さいれい

精選版 日本国語大辞典「祭礼」の解説

さい‐れい【祭礼】

〘名〙
儀式まつり祭典祭事。《季・夏》
※正倉院文書‐宝亀元年(770)一一月二五日・三嶋子公解「申請暇事、合二箇日、右為私祭礼暇日件」
② 男女の情交。おまつり。
※雑俳・川柳評万句合‐宝暦七(1757)九月廿五日「祭礼の跡てはつらい髪のくせ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「祭礼」の解説

さい‐れい【祭礼】

神社などの祭り。祭典。祭儀
[類語]祭り祭典祭儀祭祀祝典祝儀大祭大儀大礼大典典礼盛儀儀式式典

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「祭礼」の解説

【祭礼】さいれい

まつりの礼法、儀式。〔墨子、公孟〕孟子曰く、無しと。曰く、君子は必ず祭禮を學ぶと。子子曰く、無鬼を執つて祭禮を學ぶは、ほ客無きに客禮を學ぶがごとし。是れほ魚無きに魚罟(ぎょこ)(あみ)を爲(つく)るがごとしと。

字通「祭」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android