コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ズデーテン山地 ズデーテンさんちSudeten

世界大百科事典 第2版の解説

ズデーテンさんち【ズデーテン山地 Sudeten】

チェコの北部一帯に広がる山岳地域で,ポーランド,ドイツ国境に接する。現在のイーゼルスケー・ホリJizerské hory,スニェシュカSněžka山(1602m)をもつクルコノシェKrkonoše,オルリツケー・ホリOrlické horyの総称として,20世紀にドイツ人が命名。ニサ(ナイセ)川付近からオドラ(オーデル)河谷に至る長さ約310km,幅30~60kmの地域である。金,銀,銅,鉄,石炭,ニッケルなどの鉱物資源が豊富で,すでに12世紀ころから,主としてドイツ人入植者により開発が進められ,ボヘミア工業の原動力となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ズデーテン山地の関連キーワード含銅ケツ岩(含銅頁岩)オーデル[川]ラチブシュシロンスクズデーテンオポーレ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android