セタラ(英語表記)Eemil Nestor Setälä

世界大百科事典 第2版の解説

1864‐1935
フィンランドの言語学者。ヘルシンキ大学フィンランド語・文学教授(1893‐1929)で,文部大臣外務大臣もつとめた。彼の《フィンランド語文法》の音声形態論(1890)と統語論はいまもその価値を失っていない。《一般フィンランド音声史》(1890‐91)で,バルト・フィン諸語の音声変化を歴史的に解明し,子音階程交替の起源と範囲をフィン・ウゴル語派系の諸語の中に求めた。またフィン・ウゴル語派サモエード諸語との間の系統的関係を確立した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android