セタラ(英語表記)Eemil Nestor Setälä

世界大百科事典 第2版の解説

セタラ【Eemil Nestor Setälä】

1864‐1935
フィンランドの言語学者。ヘルシンキ大学フィンランド語・文学教授(1893‐1929)で,文部大臣外務大臣もつとめた。彼の《フィンランド語文法》の音声形態論(1890)と統語論はいまもその価値を失っていない。《一般フィンランド音声史》(1890‐91)で,バルト・フィン諸語の音声変化を歴史的に解明し,子音階程交替の起源と範囲をフィン・ウゴル語派系の諸語の中に求めた。またフィン・ウゴル語派サモエード諸語との間の系統的関係を確立した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android