コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セナンク修道院 セナンクシュウドウイン

デジタル大辞泉の解説

セナンク‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【セナンク修道院】

Abbaye de Sénanque》フランス南東部、プロバンス地方、ボークリューズ県の町ゴルドにある、12世紀中頃に建造されたロマネスク様式のシトー会修道院。宗教戦争やフランス革命による大きな破壊を免れたため、創建当時の姿をとどめている。シルバカーヌ修道院ルトロネ修道院とともに「プロバンスの三姉妹」と称される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

セナンク修道院の関連キーワードボークリューズ県ロマネスク様式

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android