コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗教戦争 しゅうきょうせんそう Wars of Religion

6件 の用語解説(宗教戦争の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宗教戦争
しゅうきょうせんそう
Wars of Religion

16世紀中頃から 17世紀にかけて,ヨーロッパの各地でキリスト教の諸宗派の間に行われた一連の戦争。宗教改革によって生れたルター主義ツウィングリ主義,カルバン主義,アングリカニズム (イギリス国教会主義) など,プロテスタンティズムの諸教会が,いずれも政治権力との結びつきのもとで領域支配を実現したのに対し,カトリック教会側もいわゆる反宗教改革を通じて政治的に自己の勢力再建をはかろうと努めたことから起った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しゅうきょう‐せんそう〔シユウケウセンサウ〕【宗教戦争】

宗教上の問題に起因する戦争。一般には、宗教改革後の16~17世紀、ヨーロッパにおけるカトリックプロテスタントとの対立抗争によって起こった国内的、国際的戦争をさす。ユグノー戦争オランダ独立戦争三十年戦争など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

宗教戦争【しゅうきょうせんそう】

西洋史の分野では,宗教改革による新旧両派対立が,やがて政治的・国際的紛争に転化した結果,16世紀半ばから17世紀に展開された一連の武力抗争をさす。フランスユグノー戦争オランダ独立闘争(八十年戦争),ドイツを中心とする三十年戦争などが主要なもの。
→関連項目騎士ゲッティンゲン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうきょうせんそう【宗教戦争】

広義には,宗教をめぐって起こったすべての戦争をさすが,とくに,西洋史の分野では,宗教改革後の16~17世紀に,カトリックプロテスタント両派の対立を大きな原因として起こった一連の戦争をさして用いられる。そのおもなものは,オランダ独立戦争(八十年戦争),フランスのユグノー戦争,ドイツを中心とした三十年戦争があげられる。そこでは,信教の自由が争点となったが,ヨーロッパの覇権をめぐる政治的争いが戦争を大きく拡大したといえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しゅうきょうせんそう【宗教戦争】

異なる宗教・宗派間の対立・衝突が原因で起こる戦争。特に、宗教改革後のヨーロッパにおける、プロテスタントとカトリックの間の諸戦争をいう。ユグノー戦争・三十年戦争など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宗教戦争
しゅうきょうせんそう

広義には、宗教問題が重要な理由となって起こった戦争全般について用いられるが、本来の意味では、宗教改革を契機として起こった新旧両派間の一連の戦争をさす。したがって、12世紀末から13世紀の初めにかけて行われたアルビジョア十字軍、フスの処刑後ローマ教皇の要請によって神聖ローマ皇帝の派遣した十字軍ボヘミアのフス派との間のフス戦争(1419~36)も、広い意味では宗教戦争に含まれる。宗教改革時代でも、ジッキンゲンを指導者としてドイツの騎士たちトリール大司教を攻撃して起こった騎士戦争(1522)、ドイツ農民戦争(1524~25)が宗教戦争に入れられるときには、この広義においてである。[中村賢二郎]

狭義での宗教戦争

それに対して、本来の意味での宗教戦争に含まれるのは、ツウィングリの宗教改革運動に伴うスイスでの新旧諸州間のカッペルの戦い(1529.31)、皇帝派と新教派諸侯・帝国都市との間のシュマルカルデン戦争(1546~47)、フランスのユグノー戦争(1562~98)、カルバン派のジュネーブとサボア公国との戦争(1589~93)、オランダ独立戦争(1572~1648)、そして三十年戦争(1618~48)である。カッペルの戦い、シュマルカルデン戦争が狭義での宗教戦争に含まれるのに対して、同じ宗教改革時代の騎士戦争、ドイツ農民戦争がそれに含まれない理由は、あまり明瞭(めいりょう)ではない。後二者は、宗教改革が契機となって起こってはいるが、本来は身分間、階級間の対立から起こった戦乱であるという説明も可能であり、そういう見方により狭義の宗教戦争から除外する慣行が踏襲されているだけのことである。他方、それらに宗教的要因のあることを重視する学説もあり、一概には論じられない。[中村賢二郎]

宗教戦争の性格

狭義での宗教戦争とされる諸戦争も、宗教的対立だけから起こったのではない。カッペルの戦いも、チューリヒの勢力拡張政策に対する旧教諸州の戦いという一面をもっていた。シュマルカルデン戦争は皇帝カール5世の新教抑圧政策から起こったが、新教派諸侯が新教の立場を守り抜こうとした理由には、宗教改革によって確立した領内の教会支配体制と没収修道院財産を手放すまいとしたことがあった。しかも、新教派のザクセン公モーリッツが政治的野心から皇帝派について新教派を敗戦に導いたこと、新教派のシュマルカルデン同盟が旧教派のフランスに援助を求めて働きかけていたことも見逃してはならない事実である。ユグノー戦争も、旧教派のギーズ公、新教派のブルボン家をそれぞれの党派の指導者とする貴族層の政権争いという一面をもち、それが内乱を長期化させた最大の理由であった。この内乱は、ブルボン家のアンリ4世が王位についたあと、自らは旧教に改宗するとともに、ナントの王令(1598)を発布して新教徒に信仰の自由を認めたことで終息したが、ユグノー戦争の末期にはスペインのフェリペ2世がフランスの旧教派に援軍を送っていた。スペインは旧教派の牙城(がじょう)をもって任じ、反動宗教改革攻勢の拠点となっていただけでなく、当時スペインから独立しようとする新教派のオランダと戦っていたところから、ユグノー戦争にも介入して旧教派を援助したのであった。[中村賢二郎]

外国勢力の介入

このころから、宗教的対立には絶えず外国勢力の政治的利害が絡み、宗教戦争は外国の介入を交えることになる。ジュネーブとサボア公国との戦争でも、新教派のスイス都市ベルンがジュネーブを援助したほか、ジュネーブがサボア領になることを好まない旧教国フランスが援助を行い、一方スペインはサボアに援軍を送った。このジュネーブとサボアとの戦争は、全ヨーロッパ的視野においてみるとフランスとスペインの対立を基軸として戦われた代理戦争的な色彩が濃厚であったといえる。
 オランダ独立戦争は、スペイン領であったネーデルラントでの新教派弾圧に端を発したが、スペインの強圧政策、重税賦課、軍隊の略奪暴行が住民の反抗をよび、ネーデルラント17州全体の独立運動へと発展したものであった。その独立運動でもっとも戦闘的であったのはカルバン派の人々であったが、新教派はネーデルラント全住民のなかでは少数派であり、したがってこの独立戦争は宗教戦争という概念だけで割り切れるものではない。また、この戦争でも、新教国のイギリスと旧教国のフランスがネーデルラントを援助したが、それは、イギリスが植民地貿易でスペインと抗争し、フランスがハプスブルク家と対立関係にあったという事情によるものである。この独立戦争では、旧教派住民が圧倒的に多かった南部10州が中途で脱落し、北部7州だけが最後まで戦い抜いて、1648年のウェストファリア条約で独立を承認されるが、その最終局面では三十年戦争と連動して戦いが進められた。[中村賢二郎]

最後の宗教戦争

三十年戦争も、オーストリア・ハプスブルク家のボヘミアでの反動宗教改革攻勢、新教派弾圧が発端となり、ボヘミア議会が新教派のプファルツ選帝侯フリードリヒ5世を国王に選んだこと、ドイツ全土でも新教派諸侯と旧教派の皇帝・諸侯との対立が激化していたことのために、ドイツ全体に波及したが、その戦争を長期化させたものは外国勢力の介入である。すでにボヘミアの内乱の局面で皇帝はスペインに援助の交渉を行い、オランダとの戦争を続行していたスペインは応諾して、ライン左岸のプファルツ選帝侯領を占領し、イタリアからネーデルラントへの軍隊輸送路を確保したが、外国勢力の本格的な介入は、デンマーク王クリスティアン4世の参戦(1625)に始まる。しかもクリスティアンはイギリスとオランダから援助を受けていた。クリスティアンの参戦はドイツの新教徒擁護を名目としたが、ドイツ北部に対する領土的野心からであり、イギリス、オランダがそれに援助を与えたのは、スペインの弱体化に目的があってのことである。デンマーク軍は皇帝とドイツの旧教派諸侯軍に敗れて、クリスティアンはその野心を放棄しなければならなかったが、同じくドイツ北部に領土的野心をもつスウェーデン王グスタフ・アドルフがフランスの援助を受けて、新教徒擁護を口実に1630年から参戦した。旧教国フランスのスウェーデン援助は、フランスを間に挟むスペイン、オーストリア両ハプスブルク家の弱体化のためであり、グスタフの戦死(1632)のあと、スペインの援助を受けて皇帝軍が優勢となってからは、フランスはスウェーデン、新教派諸侯の黒幕としての立場を捨てて、公然と参戦する。外国の新教派に対するフランスの援助はジュネーブとサボアとの戦争以後ほとんどつねに行われてきたことであるが、ここにきて参戦の形をとったのであり、ウェストファリア条約でライン川左岸に領土を獲得し、オランダの独立が承認されてスペインが衰運に向かい、またドイツでは皇帝の地位が低下したことにより、その目的は十分に遂げられた。
 以上のように、宗教戦争は新旧両派の対立から起こってはいるが、宗教問題だけから起こったのではなく、とくにユグノー戦争以後はフランス対スペイン・オーストリア両ハプスブルク家の対立を基軸とする国際的な政治利害が絡んで、外国の介入を招き、さらには国際戦争に発展した。しかし三十年戦争を最後に、ヨーロッパでは宗教的対立による大規模な内乱や紛争、外国勢力によるそれへの介入はなくなる。三十年戦争が最後の宗教戦争といわれる理由である。[中村賢二郎]
『G・R・エルトン著、越智武臣訳『宗教改革の時代』(1973・みすず書房) ▽G・リヴェ著、二宮宏之・関根素子訳『宗教戦争』(白水社・文庫クセジュ) ▽中村賢二郎著「三十年戦争」(『世界の戦史5』所収・1966・人物往来社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の宗教戦争の言及

【政教分離】より


[歴史]
 ヨーロッパにおいて政教分離は一回的できごとではなく,歴史過程のなかで徐々に進行したが,巨視的に見れば三つの画期を指摘することができる。聖職叙任権闘争,宗教戦争,およびフランス革命である。 中世世界においては,国家と宗教(キリスト教)の区別は未知の事柄であった。…

【ユグノー戦争】より

…1562年より98年にかけてフランスに起こったカトリック派とプロテスタント派の武力抗争。当時フランスのカルバン派は,カトリックからユグノーと呼ばれていたことから,日本ではこの内乱を〈ユグノー戦争〉と呼びならわしているが,ヨーロッパの歴史学は〈宗教戦争guerres de Religion(フランス語),Religious Wars(英語)〉と呼ぶのが通例である。ネーデルラントの〈乞食団(ゴイセン)〉のスペインに対する反乱や,ドイツを舞台にした三十年戦争とともに,近世ヨーロッパに吹き荒れた代表的な宗教戦乱であり,宗教改革に端を発する国際的規模での信仰上の対立が濃い影を落としている。…

※「宗教戦争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宗教戦争の関連キーワード遺伝病デルフト陶器朴烈事件川論ヒンズー教全句愛はすべての上にすべての石の下に《生粋主義をめぐって》《劇的なるものをめぐって II》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宗教戦争の関連情報