コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セミキルド鋼 セミキルドこうsemi-killed steel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セミキルド鋼
セミキルドこう
semi-killed steel

脱酸の程度がキルド鋼リムド鋼の中間にある鋼。半鎮静鋼,不完全脱酸鋼とも呼ばれる。低炭素,低ケイ素でマンガンは 0.8%前後含まれる。アルミニウム,フェロマンガンなどの脱酸剤が過剰になるとキルド鋼に移行する。溶鋼の凝固進行に伴い,鋼中の炭素と酸素の反応による COガスを適当量発生させることにより凝固収縮を抑えたもので,鋼塊内部には若干の気泡が生じ,頂上部に発生する収縮孔はほとんどみられない。リムド鋼に比べ材質が均等で低温衝撃値が高く,溶接性も良好。キルド鋼に比べて圧延歩どまりがすぐれている。造船用厚板などに用いる。 (→鋼塊 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のセミキルド鋼の言及

【インゴット】より

…連続鋳造は,非鉄金属では早くから行われてきたが,近年では鉄鋼にも普及し,1980年には日本の粗鋼生産量の60%以上が連続鋳造で生産されるようになった。 造塊法でつくる鉄鋼のインゴットには,製造上からキルド鋼killed steel,セミキルド鋼semi‐killed steel,リムド鋼rimmed steel,キャップド鋼capped steelに分けられ,それぞれ溶鋼の脱酸形式が異なり,独特の凝固パターンを示している(図)。製鋼法における重要な反応は,溶鉄に添加された酸素が溶鉄中の炭素と化合してガス(一酸化炭素)を生ずる反応である。…

【製鉄・製鋼】より

…下注法はキルド鋼など良質の鋼塊をつくる場合に多く用いられる。 鋼塊は溶鋼の脱酸形式によってリムド鋼,キルド鋼,セミキルド鋼に分類される。リムド鋼は低炭素鋼で,鋳込み,凝固中にガスを放出しつつ固まり,周辺部にリム層という不純分が少なく気泡もない層ができるが,その内面に気泡が散在し,中心部は不均質となる。…

※「セミキルド鋼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

セミキルド鋼の関連キーワード鋳塊

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android