コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セラタイト ceratite

1件 の用語解説(セラタイトの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

セラタイト【ceratite】

菊面石類ともよばれる。アンモナイト類の中で三畳紀に著しい適応放散を示し,多種多様の分化発達をなしたセラタイト目Ceratitidaのこと。代表属はセラティテスCeratitesで,示準化石として重要である。縫合線に独特の特徴が見られ,腹面の谷の中央に山があり,背面の谷は通例へら状で先端が二分している。小刻みがほとんどないものから,谷底だけにあるもの,山にも及ぶもの,複雑化し多分岐したものがある。インド太平洋地域の各地で産出するが,日本でも宮城県,徳島県,熊本県,沖縄県などから産出する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone