コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セラタイト ceratite

1件 の用語解説(セラタイトの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

セラタイト【ceratite】

菊面石類ともよばれる。アンモナイト類の中で三畳紀に著しい適応放散を示し,多種多様の分化発達をなしたセラタイト目Ceratitidaのこと。代表属はセラティテスCeratitesで,示準化石として重要である。縫合線に独特の特徴が見られ,腹面の谷の中央に山があり,背面の谷は通例へら状で先端が二分している。小刻みがほとんどないものから,谷底だけにあるもの,山にも及ぶもの,複雑化し多分岐したものがある。インド太平洋地域の各地で産出するが,日本でも宮城県,徳島県,熊本県,沖縄県などから産出する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

セラタイトの関連キーワードアンモナイトアンモニア水アンモナイト類アンモン貝一言もない然もないと身も世もないマンモナイトグリオッテアンデン-ノーライト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone