コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セラミック高温超電導体 セラミックこうおんちょうでんどうたいceramic high temperature superconductor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セラミック高温超電導体
セラミックこうおんちょうでんどうたい
ceramic high temperature superconductor

電気抵抗がゼロで,反強磁性の超電導状態を示す材料を超電導体という。 1915年に水銀が 4Kでこの性質を示すことが見いだされ,その後多くの金属系材料について研究が行なわれた。この間,電気抵抗がゼロになる臨界温度は漸次上昇した。 86年,スイスの IBM研究所の K.A.ミュラーと J.G.ベドノルツはバリウム-ランタン-銅系酸化物が 30Kで超電導状態になることを示してから,臨界温度は急激に上昇し,イットリウム系,ビスマス系,タリウム系のセラミックスに超電導が確認され,90Kを超えるに及んだ。このビスマス系セラミックスは雰囲気安定性が良いことに特徴がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android